無料で開設することができるオンラインサロン

一体どのようなものなのでしょうか

2018年頃から、注目され始めたのがオンラインサロンです。オンラインサロンとは、コミュニティサービス(会員制)の事に他なりません。SNS上に設置され、オンライン上で人同士が交流出来る為人気を博しています。参加費用は、月額制です。新型コロナウイルスの感染拡大により、これまで行なっていた対面での営業が、困難な状況となっています。事業規模を問わず、企業は売上増を図らなければなりません。その目的を達成する為にも、欠かせないツールの一つとなっているのです。開設自体は、無料で行う事が出来ます。参加費用に関しては、サブスクリプション(月額課金制)にして収益化を図るケースが一般的です。参加する方へノウハウやスキルといった、有益な情報を提供しその対価として、参加費用を頂くという形になります。一定期間は無料で、その後参加費を頂くという運営者も少なくありません。

運営する側にとってのメリットとは

オンラインサロンを運営する側にとって、メリットは2つあります。1つ目が、収入源になるという点です。参加費(会費)が、そのまま収益になります。オンライン上で開設し、運営を行いますのでわざわざ店舗を、借りる必要はありません。運絵に掛かる費用は、プラットフォームの使用料やチャットをはじめとした、サービスの利用料程度です。2つ目が、人脈を形成出来るという点です。コミュニティを形成すると、参加している方々同士の関係性がより深まっていきます。自分自身(運営者)を中心にした、独自のネットワーク網が築けるのです。サロンで構築した人間関係を生かし、新規ビジネスを創造する事も出来ます。会員同士で、新たなプロジェクトを立ち上げて貰う事も可能です。

どうやって作れば良いのでしょうか

オンラインサロンを作る時は、最初に運営する為のフレームを準備しましょう。開設そのものをサポートしてくれる、プラットフォームを利用するか、それとも自分でシステムそのものを立ち上げるか、2つの選択肢があります。facebookをはじめとした、既存のプラットフォームを活用すれば立ち上げそのものに、苦労する事はありません。予めテンプレートが用意されており、無料且つ簡単に開設出来る点がメリットだと言えるでしょう。売上の一部が、システム利用料として徴収される仕組みになっています。自分自身でシステムから立ち上げる場合、システム使用料を支払う事はありません。とはいうものの、自分自身で立ち上げるのは非常に困難です。プロの手を借りる場合、相応の費用が掛かります。従って最初から、既存のプラットフォームを利用したほうが賢明です。

記事を共有する